HOME>注目記事>ページの仕組みとサービス内容はどのようなものか

すぐに対応できるようになっている

ウェブサイト

不動産会社のホームページを作る場合、お客さんからなんだかの問い合わせが来ることも少なくありません。ホームページの役割は、単に情報を提示するだけではないです。もう一つの役割があるとすれば、お客さんとつながりを持つことでしょう。お客さんは、不動産に関して何か疑問に感じた時、ホームページからメールで連絡を遅れるかもしれません。電話を極度に嫌がる人などは、あえて電話をせずメールで質問してくるでしょう。その時ホームページの設定を変更してメールが来たときにすぐ知らせてくれる仕組みにする場合には、お客さんに対してすぐに返事をすることができます。もちろん営業時間外は難しいですが、営業時間外であることをお客さんに伝えておけば不親切な対応と言われる事はないでしょう。

どのような準備が必要か

不動産会社のホームページを作る場合、その準備があるとすれば、どのような方向性のページにするかです。不動産会社の仕事と言っても様々な種類があり、空き物件を提示するところや売却をしたいお客さんを専門的に扱っているところなどがあります。この時、定時の方向性がはっきりしなければ、いまひとつ何を伝えたいのかわからないホームページになってしまいます。そのため、もう一度会社の方向性を見直すように、ホームページの方向性を定めておきたいところです。

いくらぐらいになるのか

これからもし不動産会社のホームページを立ち上げるならば、その予算のことも気にしておいた方が良いです。安くホームページを作ろうと思えば、1年間で20,000円程度の出費で作ることも可能です。これは、サーバーレンタル代やドメインの取得等を含めた金額です。ただこの場合、ホームページを作るときの知識やデザインなどがなければ簡素なものになってしまうでしょう。しかし、業者に全てホームページを作ってもらうとすれば、500,000円以上かかることになるでしょう。もちろんしっかりお金をかけた方がより魅力的なページになります。

広告募集中